陽だまりの庭で 絵本・子育てブログ

3歳半で100冊以上の絵本がある我が家。絵本と遊び・体験からの娘の成長を綴ります。

庭に砂場があることのメリットとは?実際に遊んでみて感じたことまとめ

f:id:ehondaisukihinamama:20210601135026p:plain

 

こんにちは。ひなママです。

 

ご自宅の庭に砂場を設置するかどうか考えていらっしゃる方、実際に砂場があることのメリットって知りたいですよね。

 

我が家では、2年前に、庭に砂場を手作りしました。

 

砂場を作る前に想像していたメリットもあれば、作る前にはそこまで考えていなかったようなメリットもありました。

 

約2年間、砂場で遊んでみて、実際に感じたメリット、デメリットをまとめました。

 

  

砂遊びのメリットとは?

まずは一般的に言われている砂遊びのメリットをご紹介します。

 

砂遊びのメリット

  • 手先が器用になる

  • 運動能力がUPする

  • 創造力が高まる

  

手先が器用になる

砂遊びは手先を使って遊びます。

 

乾いた砂や湿った砂の感触の違いもわかりますし、手の力の入れ方を考えながら山を作ったり、団子を作ったり、無意識に手の先を使って遊ぶので、手先の運動を促進します。

 

たしかに、単に山を作る場合でも、山を崩さないように力の入れ方を制限したりしますよね。手先の力加減を調整する遊びって砂遊びが一番適しているのかもしれませんね。

 

運動能力がUPする

砂で遊ぶときは しゃがんだり立ったりの繰り返しになります。

 

幼少期はしゃがんで何かをするのも良い運動になります。

 

しゃがんだまま遠くに手を伸ばしたり、バケツの砂を運ぼうとしたり…バランス感覚も養えると言われています。

 

創造力が高まる

何もない砂の状態から、何かを作ったり、何かに見立てて遊んだりできるのが砂場の魅力。

 

創造力だけじゃなく、想像力も養えますね。

 

 

こんなメリットがあるのなら、ぜひ庭に設置したい!...ということで我が家に設置しました。

 

  

砂場が庭にあることのメリット・デメリットは?

実際に庭に砂場を設置して遊び始めてから2年以上経ちました。

 

予想していたメリットを改めて感じたり、予想していなかったようなメリット・デメリットもありましたので まとめました。

メリット(我が家の場合)

f:id:ehondaisukihinamama:20210301144522j:plain

1歳8ヵ月のころ

 

庭に砂場があることのメリット8つ

  1. いつでも砂遊びができる
  2. 遊び終わったらお風呂場へ直行できる
  3. 大人も他人を気にせず遊べる
  4. 抗菌なので、安心
  5. 裸足で遊ばせることができる
  6. 砂と水をかけ合わせた遊びができる
  7. 天候や湿り気によって砂の具合を体感できる
  8. 成長を感じることができる

 

①いつでも砂遊びができる

これは誰でも想像がつくメリットですが、この「いつでも」というのは かなりのメリットです。

 

雨上がりの公園っていろんなところに水たまりがあって、ドロドロになる覚悟で公園に行かないと行けないので、子育て中のママにとってハードルが高いですよね。

 

でも、庭の砂場だったら、雨上がりでも遊べます。

 

雨上がりの砂は、手につきやすいですが、ドロドロにはなりません。

 

真夏のカンカン照りの時もパラソルを出して日陰を作ってあげれば遊べますし、夕食前のほんの少しの時間でも遊べます。

 

小さいころは付きっきりでしたが、3歳ごろからは窓から覗いて見守ることができて、親もラクができますよ~。

 

②遊び終わったら、お風呂場へ直行できる

庭でそのまま服を脱がせ、裏口から直接お風呂場へ直行することができます。

 

なので、どれだけ体や服を汚しても気になりません。

 

浴室まで抱っこでダッシュです!

 

③大人も他人を気にせず遊べる

砂遊び用に購入した砂は粒が揃っていて、とても手触りがいいです。

 

ずーっと触っていたいくらいです。

 

サラサラで気持ちがいいので、私も無心になって砂を触っています。
たまに子供そっちのけで、山を作っていたりします。

 

④抗菌の砂なので安心

砂の種類はたくさん売られています。

我が家では、抗菌の砂を購入しました。

 

我が家が購入したのはこちら↓

国内産抗菌砂15kg

 

公園の砂は、ネコの糞があるかもしれませんし、最近はコロナのこともあり、衛生面が気になりますよね。

 

抗菌の砂だったら、衛生面で安心です。

 

砂を頭からかぶったとしても、砂の上でゴロンゴロンしても大丈夫です。

 

いいよ〜 どんどんやっちゃって〜と 心ひろーく見守ることができます。

 

f:id:ehondaisukihinamama:20210601102825j:plain
f:id:ehondaisukihinamama:20210601102834j:plain
2歳7ヵ月 砂の上にゴロンとなって、服に砂を擦り付けているところ

 

⑤裸足で遊ばせることができる

公園の砂場は衛生面も気になりますが、木の枝やガラス片が落ちているかもしれません。

 

庭の砂場だったら、親が管理できるので、木の枝やガラス片が落ちていることもないので、安心して裸足で遊ばせることができます。

 

裸足で遊んでも、遊び終わったら抱っこでお風呂場へ直行できるから大丈夫。

 

⑥砂と水をかけ合わせた遊びができる

庭の場合、だいたい近くに水道もあるので、砂場に水を持ってきて砂と水を合わせて遊ぶことができます。

 

山に川を作ったり、ダムを作ったり。おままごとのスープやカレーになったり。

水があることで、遊びの幅も倍以上に増えます。

 

カレーができました!

わあ!おいしそう!

 

⑦天候や湿り気によって砂の具合を体感できる

天候や湿り気によって砂の固まり具合やさらさら具合などが変わります。

 

庭に砂場があることで、遊ぶ頻度が多くなり、ちょっとした砂の具合を体験として感じることができます。

 

オムライスの型に砂を入れて型を外したときの崩れ具合なども、湿気によって変わります。そんなことも遊びを通して知ることができますね。

 

⑧成長を感じることができる

遊ぶ頻度が多くなることで、娘の成長を細かく感じることができます。

 

天候の良い日は毎日のように遊んでいた時もあります。

 

毎日のちょっとした成長も見ることができて嬉しいですね。

  

デメリット(我が家の場合)

実際に、2年間遊んでみてのメリットがたくさんありました。

でも、設置した当初は気づかなかったことですが、デメリットもありました。

落ち葉が砂場に入る

これは我が家に限ったことかもしれませんが、砂場を作った場所が木の根元近くにしてしまったので、落ち葉が入ります。

 

夏場の暑い時に 木陰で砂遊びができるかな...と思い、そうしたのですが、それがデメリットになってしまいました。

 

砂遊びの前に、落ち葉拾いから始めます。

 

オリーブの木なので、そんなに落ち葉は多くないので助かりました。
落葉樹だったら とても大変だったと思います。

 

排水溝に砂が詰まらないか心配

子供は、やっぱり 砂遊びと水遊びは セットで遊びたがります。

 

砂のついたバケツで水を汲んだりすることで、どうしても排水溝のところに砂が入ってしまいます。

 

いつか詰まってしまうのではないかと心配しています。
早めに対策を取らなければ...(まだ対策してません...)

 

メンテナンスは必要?

砂場を作るとなると、やはり作った後のメンテナンスが必要なのか気になりますよね。

 

我が家は特別なメンテナンスはしていませんが、落ち葉拾いはこまめにやっているので、砂自体はとてもキレイです。

 

また、遊び終わるたびに、猫除けネットもしているので、猫に糞をされたことはありません。(我が家の近所は放し飼いの猫が多い)

 

でも、子供は砂場の囲いの中だけでは飽き足らず、砂場の外に砂を持ち出して遊んだりするので、砂が少なくなってきたように思います。

 

そろそろ2袋くらい追加しようかと検討中です。

 

 

まとめ

我が家のメリット・デメリットなどまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

庭に砂場が設置されているご家庭は まだメジャーではないので、我が家の庭には、近所の子が砂場に遊びに来てくれます。

 

近所の年上の子と一緒に遊ぶことで、遊び方を学び、砂場遊びがダイナミックになっていきました。

 

また、一人っ子のウチの娘にとっては、社交の場が広がる良い場所となっています。

 

庭に砂場を設置したことは、娘の成長にとって、とてもよかったと改めて感じます。

 

意外と簡単に手作りできますし、庭に砂場設置はかなりおすすめですよ~!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

少しでも砂場作りの参考になればうれしいです。

 

この記事の 砂場作り リスト