陽だまりの庭で 絵本・子育てブログ

3歳半で100冊以上の絵本がある我が家。絵本と遊び・体験からの娘の成長を綴ります。

くまのひもとおしで手先が器用になる⁉知育効果もあるおすすめおもちゃ

 

f:id:ehondaisukihinamama:20210223222409j:plain

こんにちは。ひなママです。

 

 

おもちゃを買いたいけど、どうせお金を払うなら知育にもなって ついでに手先も使うおもちゃはないかなぁ...

 

...と欲張りな考えは どのご家庭にでもありますよね。

  

我が家では、小さいうちから楽しみながら手先が器用になれるものはないかなぁ...と探し、何点か購入しました。

 

その中から ひなママが勝手に選んだ「手先が器用になるだろうな」というおもちゃを紹介します。

 

  

七田式教材 くまのひもとおし

七田(しちだ)オリジナルひもとおし くまのひもとおし 6ヶ月~4歳 

くまのひもとおしとは?

その名の通り、七田式が出している「くまのかたちをしたひもとおし」です。

 

f:id:ehondaisukihinamama:20210223224208j:plain

イメージ写真です(写真はひなママがひもを通しました)

 

くまの大きさは大中小と3つの大きさに分かれていて、色は6色あり、全部で108個入っています。

くまの頭は小さな3mmくらいの穴で、おしりの部分は1㎝くらいのおおきな穴になっています。

レベルに合わせてどちらの穴からひもを通してもいいようです。

 

何歳から遊べる?

対象年齢は0歳6ヵ月からです。

大きさが大中小とあり、子供が口に入れてしまう月齢のころは、一番大きいくまのみを出した方がいいと思います。

 

娘の場合、1歳3ヵ月から遊び始め、しばらくは一番大きいくまのみにしました。成長に合わせて他のサイズも出しました。

  

遊び方

遊び方の基本

  1. くまの穴にひもを通す
  2. 色や大きさごとに分けてひもを通す
  3. 見本と同じ順番でひもをとおす

ひもとおし以外の遊び方

  1. 1つずつくまを見せながら、大きさや色、数などを教えてあげる
  2. 色ごとに分けたり、大きさごとに分けたり
  3. 整列させたり、並べたものをどちらが多いか比べたり

 

どんな効果があるの?

七田式の公式ホームページによると、以下のような効果があるそうです。

指先の巧緻性

手は「第二の脳」と呼ばれるほど、人間の体の中で、一番感覚器が集まっているところです。
手先の訓練をすることで、手先が器用になるだけでなく、脳を活性化させ、子供の成長を大きく助けることができます。

引用:七田式オフィシャルストア より

 

くまを持っている手とひもを持っている手がそれぞれ違う動きをしないといけないので、脳によさそうですよね。

 

基礎概念が身に付く

『くまのひもとおし』のくまは、カラフルで、大きさも異なります。数を数えたり、大きさを比べたりできるため、本教材ひとつで、色・数・大小・空間認識・比較・順序の6つの基礎概念を身につけることができます。

引用:七田式オフィシャルストア より

 

こんな知育効果があるのなら、子供にはたくさん遊んでもらいたいですよね。

 

実際に遊んでみたレビュー

ひもとおし編

f:id:ehondaisukihinamama:20210515001822j:plain

0歳6ヶ月から対象ということで、1歳0ヶ月の頃に購入しましたが、まだいろんなものを口に入れる時期だったので、まだ早いと思い、物置きにしまったままでした。

 

1歳3ヶ月になると、口に入れるのが少し落ち着いてきたので、一番大きなくまを出しました。

 

私がくまにひもを通すところを見せて、挑戦しますが案の定できません。

 

娘にくまを持ってもらって、私がひもを通したり、逆に私がくまを持って娘がひもを通したり…片方ずつやってみました。

 

片方ずつはできても両方だと難しいみたいです。

 

両方の手でそれぞれ違う動きをしないといけないので脳が刺激されそうですね。

 

 

初めて遊んでから毎日のように「くまのひもとおし」で遊びました。

 

10日後に、初めてひもを通すことができました。

 

できたよ~

ウチの子 天才!

 

...と大喜びしました。

時間はかかりましたが、2個連続でできました。

 

2個のひも通しをしている間、かなり集中してやっていました。

 

集中力も養われそう...うふふ

 

初めて遊んでから1ヶ月後にはかなりスムーズにできるようになりました。

 

 

そのほかの遊び方編

スプーンすくい

1歳3ヶ月に初めて出した時はひも通しができなかったので、スプーンですくって入れ物に入れたりして遊びました。

 

f:id:ehondaisukihinamama:20210223214724j:plain

 

スプーンを使う練習にもなりました。

 

一気に食事の時のスプーン使いが上手くなったのを覚えています。

 

1歳3か月の時の写真を載せたかったのですが、ありませんでした(ブログをやるなんて思ってもいなかった時期)。

つい先日、たまたま遊びだしたので、写真を撮りました(やらせではありません...)

 

その後成長に合わせて遊び方も変化していきました。

 

その他 

  • いろんな色のくまをおかずに見立てたおままごと。
  • 家庭用ジャングルジムの滑り台からすべらせる。
  • 色と大きさを分けて並べ、それを一気に崩す…。
  • 積み木でくまの家作り。
  • トミカの救急車の荷台に乗せて、救急車ごっこ。
  • くまと水を製氷器に入れて凍らせ、溶けるのを観察。

 

などいろんな遊びをしました。ほかにも思い出せないくらい遊んでいます。

娘がどんどん遊びを開発していく感じです。

 

数がたくさんあるので、色分けしても相当の数になります。

滑り台から滑らせたりするのも数が多いので迫力があり、娘も喜んで遊んでいました。

 

遊んでいるうちに自然と

赤くて大きいくまさんとって!

...という言葉が出てきます。

いつの間にか色や大きさも理解して、言葉を使っていました。

 

 

 購入した当時はまさかこんなに応用のきくおもちゃだとは思ってませんでした

 

くまのひもとおしで2年以上遊んでみて...まとめ

うちの娘にとっての「くまのひもとおし」をまとめました。

  • 色や大きさの理解
  • くまを野菜に見立てる「見立て遊び」ができる
  • 積み木で家を作ったり、救急車ごっこなどの「ごっこ遊び」ができる
  • たくさんの遊びを開発
  • ついでに手先が器用になる⁉(器用になったのかどうかはわかりません)

  

ほんとにおすすめのおもちゃです。

3歳半の今でも現役で活躍しているおもちゃです。

 

いかがでしたでしょうか。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。
少しでもおもちゃ選びの参考になればうれしいです。